2017年04月01日

バックステップの取り付けが超難航、4時間超えの作業に・・・


本日は待ちに待ったバックステップの取り付けで
KTM福岡に行ってきました。

そしたら10000km点検でヨウイチさんがおられて
後にボルトの購入でとろとろさんが来られてと
予想外のオフ会みたいな状態にw

待ち時間がかなり長かったから
お二人とお話しが出来て良かったです

さて、肝心なバックステップの取り付けですが

かーなーり、難航致しました

変なバックステップを持って来て
取り付けに長時間かかってしまい
KTM福岡のスタッフさんたちに一言

  <(_ _)> ごめんね


さて、取り付け時のレポートを書いていきます

DSC_1853.JPG


まずは現状の写真、このステップが
私のポジションに合わない原因
早くおさらばしたい

DSC_1854.JPG


最初にアンダーガードとペダルの取り外し
ここら辺は簡単ですね

DSC_1856.JPG


んで、ここら辺からプロのお仕事
シャフトを抜く際に同じ大きさのパイプを通して
スイングアームが脱落しないようにしています

DSC_1857.JPG


スポーンと抜けたシャフト

DSC_1858.JPG


そして、新しいステップの準備
新たに作ったカラーを埋め込みます

もう既にここから現物合わせの削り作業が
始まってしまいました

DSC_1859.JPG


ステップの準備が出来た所で取り付け
シャフトをまた通すのが大変で
とうとう3人体制での作業に・・・

DSC_1860.JPG


すごく大変な作業になってしまい
見ているこちらがいたたまれない気分に・・・

Point Blur_20170402_003017.JPG


やっとシャフトが通って
ステップのベースが取り付け完了

DSC_1863.JPG


だが、これからの作業がもっと大変だった・・・

DSC_1864.JPG


ステップのベースを取り付けた状態だと
クラッシュガードが干渉してしまうので
干渉する部分を削る為、削る場所を確認

DSC_1865.JPG


表と裏から確認する為にこんな状態に・・・

Point Blur_20170402_002749.JPG


削る箇所が確認できて、サンダーにて削り
塗装が剥げた部分についてはちゃんと
タッチアップまでしてくれました。

完全に同色のタッチアップでビックリ

DSC_1870.JPG


クラッシュガードを加工している間も
ステップの取り付けは進んでおり
ブレーキペダルが付いて、全体の形が
ちょっと分かってきました

DSC_1871.JPG


ステップとクラッシュガードの取り付け
削った部分が完璧にフィットしています

DSC_1872.JPG


ただ、これからがまたまた大変な作業に
クラッシュガードの取り付け位置が
ステップベースの取り付けにより若干変わったため
前の貫通ボルトが通らない

DSC_1873.JPG


またまた3人がかりで対応

DSC_1874_1.JPG


苦心の末、やっと取り付けが完了

DSC_1876.JPG


位置は一番後ろにセットしてもらったのですが
今度はシフトのリンクの長さが足らない・・・

さすがチャイナクオリティー

スタッフの方がホームセンターへ部品を
購入しに向かってくれたので解決しましたが
これ自分でやっていたら完全にアウトだったね

リンク長っ!?

DSC_1877.JPG


そして、完成!!

DSC_1880.JPG


いやー今回のカラーリング
チタン色を選んで正解でした

エンジンの色やスイングアームと違和感が無く
全体的に締まった感じに見えます
高級感も結構あるしね

んで、位置もかなり下がって足の曲がりもばっちり
これで峠で足がつる事も無いでしょう

あと、細かな感想はまた別途として
今回のステップ、安くて品質が良い様に見えますが
ボルトが一部欠品していたりと
クオリティーはやっぱりチャイナ

それでも何とかして取り付けてくれた
KTM福岡のスタッフさんに感謝でした

今回、こんな大変な目に合わせておきながらも
また怪しい商品を持ち込むかと思うから

その際は・・・ごめん



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | KTM 250DUKE/DUKE関連