2017年07月07日

インドのバジャージ・オート、いよいよハスクの新型車両を生産か


昨年に発表されてから
発売をまだかまだかと待っている人も多いであろう
ハスクバーナの新型車両「Vitpilen」と「Svartpilen」

HQV+SVARTPILEN+401+%2810%29.jpg


生産を行うのは、KTMの筆頭株主である
インドのバジャージ・オートですが

バジャージ・オート
http://www.bajajauto.com/

そのバジャージ・オートから、今期と来期の
生産目標が発表されました

KTM and BAJAJ Auto - Elevation of the cooperation to the next level
KTM & BAJAJ decide to take Husqvarna Motorcycles global

http://www.bajajauto.com/press-release-03-07-17.asp

現在、バジャージ・オートはKTMのスモールDUKEや
RCシリーズの生産を行っており、今期はKTMと
ハスクバーナのバイクを合わせて100,000台生産
来年度はこの2倍の生産を目標としているようです

今年10万の来年は20万かー

ハスクバーナのバイクをどれだけ生産するか分かりませんが
しばらくは需要の方が上回る事となるでしょうから
何だかスモールDUKEの昔を思い出しますねー

あの頃も200DUKEとか手に入り難かったし
購入は玉数が落ち着くまでは難しいかもね

まあ、それにしてもKTMでもハスクでも良いのだけど
新型車両をきっかけに人気が出ないもんかねー

なーんか、マイナー路線をどんどん突っ走っているし
このままだとジリ貧になりそうで不安

折角良い車両があるのだから
ちゃんとアピールして欲しいものです



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | KTM関連