2018年02月21日

そろそろ開催の2018年MOTOGP、今年もマシンの進化が気になります


2018年の開幕戦まであと1カ月を切ったMOTOGP
昨年のKTMは初年度ながらもコンストラクターズ5位と
なかなかの活躍でしたが、更なる上昇が求められる今年
一体何処まで活躍できるか、今年も楽しみです

motogp1.jpg


さて、今年のMOTOGPですが、KTMの状況もさることながら
もう一つ気になるのが、空力戦争

各メーカーのバイクのカウルが今までと大きく変わり
ド派手なエアロパーツを身にまとっています

Ducati Desmosedici GP
66-_ALX3579-2-764x510.jpg


このカウルですが、ブリスターカウルと言うそうで
2017年のモデルにも装着されていたのですが
2018年モデルは更に大型化しているようです

やっぱり効果があるって事ですかねー

どうやらKTMも導入するようで
現在何種類かのテストをしているようです

上下セパレートタイプだったり

DWTRBm0XUAAFuQH.jpg large.jpg


ダクトのような形状のもの

images.jpg


張り出し具合が凄いですねー

IMG_20180218_143255.jpg


にしても、このパーツもいずれは市販車に
フィードバックされるのでしょうね

ド派手なパーツでインパクトが凄く
少々好き嫌いが分かれそうな気がしますが
効果はあるのでしょう

でも、もし市販車にフィードバックされた場合
一つ確実に言える事は

転倒時のコストが跳ね上がりそう・・・

1コケ10万円とも言われるフルカウル車
近年は、カウルがより複雑な形状になっているため
もっと高額になっているような気もしますが

このコケたら、絶対に割れそうなブリスターカウル
一式で購入すると、どの位になるんだろう?

考えるだけでおそろしや・・・



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード