2014年08月24日

過酷ツーリング 6日目


このツーリングは今から14年前のもので
目的地も決めず気の向くまま走るという
ある意味、行動力のあるバカの記録です



−−− 雨に悩まされる一日 −−−

8月11日(金)

ザバ〜〜〜〜〜

朝起きるといきなりの雨
それもかなりの大雨です

ツーリングに出て以降
天候に恵まれていたので
今回はカッパの出番は無いかもねー
と思っていた矢先でした

出番無くて良いのに・・・


それにしてもテントを張った時に降るのは勘弁して

ここままじゃテントをたため無いので
雨足が弱くなるのを待つしかないか

約20分後…

あれれっ、雨が止んだような?

あれだけ降っていた雨が嘘のように止んでいた
路面は濡れているが雨は降っていない


今のうちに出発だっ!!


ばたばたとテントをたたみ荷造りをして
昨日は夜遅くまで歩き回っていた
アイヌ村に別れを告げ出発します

阿寒湖キャンプ場事務所

DSC00053.JPG

パッキングがだいぶ上手くなりました

DSC00052.JPG


さて、阿寒湖キャンプ場を出発しましたが
まだ次の目的地を決めていません

バイクを道端に止め地図を出し周辺を確認します

阿寒湖付近の観光スポットとしては
屈斜路湖と摩周湖がありますね

20140824_1.gif

図らずも湖ばっかりですが
これはこれで楽しそうです

と言う事でまずは摩周湖に向かい
その後屈斜路湖に向かう事にしました


摩周湖に向けて走っている途中
小さな牧場を見つけました

DSC00056.JPG

北海道の馬はノビノビしているようで
見てるだけで楽しい

DSC00057.JPG

この牧場は乗馬体験もやっているようで
ついつい乗ってしまった

2000_2.jpg

馬かわいい、良い体験になりました


馬とのふれあいで癒されたので
本来の目的地摩周湖に向かいます

摩周湖については事前の情報で
綺麗な湖と聞いているので今から楽しみ

本日はあまり走る予定も無いので
ゆっくりと観光するのも良いかなと
考えながら走っていると

あれっ?

何だか霧が出てきた・・・

不安に思いながら進むも

3分後…


何も見え〜ん!!


辺り一面真っ白で何も見えません

それこそ目の前を走っているはずの車はおろか
2m先すらまともに見えません

もちろんこれではまともに走れるはずも無く

ウインカーを点灯しつつ時速10kmの走行で
ノロノロと進んで行ったのですが
唐突に後ろから車が来そうで怖かった

こんな安全重視での走行でも
何度かガードレールに刺さりそうだったので
霧の深さについてはお察し下さい

このような精神的に削られる走行をしつつ
しばらくすると摩周湖駐車場に到着

DSC00058.JPG

駐車場代100円を払い湖を見に行ったのですが

もちろんこんな状態

DSC00059.JPG

霧の摩周湖とはよく言ったものです

なにやら摩周湖には
未婚者が霧のかからない摩周湖を見ると婚期が遅れる
という言われがあるようなのですが
んな、馬鹿なーと思っていたら
翌年に新婚旅行でまた来るとは・・・


摩周湖は霧で何も見ることが出来なかったので
次の目的地、屈斜路湖に向かおうとしていたら

バリウスに乗っているライダーに話しかけられた

そのままたわいもない話しをしていると
お互いの次の目的地が屈斜路湖であったので
そこまで一緒に行く事になりました

ちなみにそのバリウスのライダーは大阪の方で
2週間程北海道を旅行するとの事でした

摩周湖から屈斜路湖まで久々にソロ以外で走る
これまではいつも一人で走っていたけど
やっぱり話し相手が居るのと居ないのとでは
全然違いますね

ノンビリと摩周湖から走って約1時間
目的地である屈斜路湖に到着

DSC00060.JPG


広い〜〜〜!!


私が感心して湖を見ていると
横でバリウス乗りさんがタオルと着替えを用意している

何???

話しを聞くと屈斜路湖には温泉が沸いていて
ここに来たのはその温泉に入るのが目的だったらしい

と言うことで私も温泉に入る事にしたのですが

この温泉・・・


観光客から丸見え

2000_3.jpg

しかしバリウス乗りさんはお構い無し
素っ裸で温泉に入ります


漢だぜ・・・


結局私もコソコソとその温泉に入ったんだけど
しばらくしたらいきなり天候が怪しくなってくる

凄く嫌ーな予感と思ったとたん


ザバ〜〜〜!!


正にバケツをひっくり返したような突然の大雨

観光客は蜘蛛の子をちらすように逃げ惑い
一緒に温泉に入っていた子供は泣きまくる


凄いぜ北海道、雨もスケールがデカイ・・・


さて、この突然の大雨
降ってきた時と同じく突然止みます
実際降っていた時間は5分程度でしょうか

だが、この5分でもかなりの被害が・・・


メットが〜!!


私のメットが金魚鉢と化していた
メットを手に取りひっくり返すと

ザバ〜〜〜〜

メットをかぶると

ボタボタボタ

 (;´Д⊂)シクシクシク


今朝から雨には困らせられてばかりですね

そしてバリウス乗りさんとはここでお別れ
また会いましょうと言いソロツーリングに戻ります


さて、次の目的地ですが
今度は釧路の方に向かおうと思います

20140824_2.gif

本日のような安定しない天候だと
あんまりテントを張りたく無いし

話しに聞いたライダーハウスにも
宿泊してみたいから釧路に行ってみます

ソロツーリングに戻った私は
また快調なペースで進んでいたのですが・・・

ポツッ・・・

ポツポツッ・・・

んっ?雨かな?


ザバ〜〜〜〜〜


まっまたかよ〜

私の持っているボロカッパではこの雨に耐えられず
もう半泣きでずぶ濡れになりながら走ります

でもこんな状態で走るのは非常に疲れる

釧路に着いた頃には疲労困憊状態で
近場のライダーハウスを探して
そこに宿泊する事にしました

だが、私の持っていた地図には
ライダーハウスの情報は載っておらず
場所を確認する為に本屋で雑誌を確認

幸いな事にすぐ近くにあるようで
本屋から走る事約5分ライダーハウスに到着


ライダーハウスとは
ライダーハウスの多くは男女別の相部屋で
寝袋などを宿泊者が持参して雑魚寝する
宿泊形態の宿です
基本的に宿泊料が安いのが特徴



受付で宿泊料1000円を支払い
荷物を持って二階へと上がろうとすると

何と、屈斜路湖で別れたバリウス乗りさんと再会

こんな偶然もあるもんだと
お互い驚きながら会話をしつつ二階に上がると
そこには既に先客がいて数名がくつろいでいた

私は今回初めてライダーハウスに宿泊しましたが

キャンプとはまた違った他のライダーとの交流があり
各地からやって来たライダーと話しが出来て
さらに口コミでしか知ることが出来ないような情報も
いろいろ収集することが出来る

安いうんぬんでは無くまた泊まりたいと思いました


で結局この日の夜は皆でお酒を飲みながら
わいわいと騒いで夜更かし
皆が各地で仕入れたつまみを持って来ている
のが面白かった

みんな良い人達ばかりでした

2000_1.jpg

皆で食べに行った豚丼美味かったなー


今日の走行距離 約500km



<よろしければポチッとな!お願いします
にほんブログ村 バイク¥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
この記事へのコメント
金魚鉢と化したヘルメット(-_-;)

自分だったらその時点でその日の走行は終了です(^_^;)

Posted by ぬま at 2014年08月25日 14:20
>ぬまさん
この日は結局、ジトーっとしたままのヘルメットを
使う事になったのですが
予想以上に気持ち悪いですw
乾かすのが大変だったです
Posted by Miya at 2014年08月26日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102724516

この記事へのトラックバック