2014年09月01日

北海道ツーリング(新婚旅行編)その4


このツーリングは今から13年前2001年のもので
計画を立てるのが苦手なノープラン夫婦(主に夫)が
新婚旅行で北海道ツーリングを行った記録です


−−− 理想と現実 −−−

2001年7月4日

オシャレペンションにて一夜を過ごし
朝起きると天気は曇り

DSC00076.JPG

晴れじゃないのが残念ですが
昨日のように雨が降るよりはマシ

これから天気が崩れないことを祈るばかりです

さて、朝食まで少し時間があるので
嫁さんとペンションの周りを散歩します

20140901_1.jpg

小麦やジャガイモ畑を眺めながらの散歩
北海道の朝はちょっと肌寒いものの
空気がきれいで気持ち良いものですね

しばらくウロウロしてからペンションに戻り
朝食を頂き、出発準備を済ませます

ちなみに本日の予定ですが

折角美瑛に来たので付近の観光スポットを周り
旭川から39号線を通って層雲峡を見に行き
そのまま美幌峠を抜け一路根室を目指すというもの

20140901_1.gif

昨日は雨でほとんど走れなかったので
本日はその分も含めて走ろうと思います


それでは4日目しゅっぱーつ!!


走り出して早々
はるか向こうまで続く一本道を通ります

DSC00079.JPG

このような道は広大な北海道ならではですね


そして最初の観光スポットですが
まずは一番近くのケンとメリーの木に向かいます

*写真は拾い物
kentomerrynoki.jpg

ケンとメリーの木
美瑛の丘陵地帯に立つ1本の大きなポプラの木
日産自動車4代目スカイライン「ケンとメリーのスカイライン」
(ケンメリ)のCM第15作「地図のない旅」編の撮影で使われた



雄大な自然の中に一本のポプラの木
観光スポットとして紹介されている写真を見て
是非行って見たいと思っていました


そして、程なくケンとメリーの木に到着!!

DSC00082.JPG


 嫁:これだよね?

 私:そだね・・・

 嫁:こんだけ?

 私:そだね・・・



普通の木でした・・・


を取り直して次の観光スポットに向かいます


お次はセブンスターの木

*写真は拾い物
img0063-01.jpg

セブンスターの木
美瑛の丘の頂上付近にあるカシワの木
この呼び名は1976年(昭和51年)にタバコ「セブンスター」
のパッケージに掲載された事に由来
美瑛の丘にある最も有名で人気のある観光スポット



先程の観光スポット、ケンとメリーの木は
ちょっと残念な感じであったが
今度のセブンスターの木は色々な雑誌に
おススメスポットとして紹介されていたので


きっと期待していいはずっ!!


到着した・・・

20140901_2.jpg


 嫁:これだよね?

 私:そだね・・・

 嫁:こんだけ?

 私:そだね・・・



実家の近くにこんな木あったよね・・・


次の観光スポットはマイルドセブンの丘

*写真は拾い物
mildsevennooka.jpg

だったのだが・・・

もう嫌な予感しかしないので

スルーして先に進みます・・・


ガッカリ観光地リストが増えました・・・


そして、旭川を抜け39号線を進みます

途中の道の駅みたいな所でポニーを発見
しばし戯れる

20140901_3.jpg

バイクに興味深々のご様子


そのまま39号線を進むと層雲峡が見えてきた

*写真は拾い物
souunkyo.jpg

層雲峡(そううんきょう)
北海道上川町にある峡谷、大雪山国立公園に位置し
石狩川を挟み約24kmの断崖絶壁が続く。
大雪山黒岳山麓にある層雲峡温泉は大型ホテルなどが
立ち並ぶ北海道有数の規模を誇る温泉街で
層雲峡および大雪山観光の中心地となっている。



昨年のツーリングでは見る事が出来なかったが
この断崖絶壁は正に絶景!!

嫁さんと二人でしばし見入ってしまいました


そして、そのまま39号線を進み
今度は美幌峠に到着

20140901_4.jpg

展望台から眺める景色は最高でした

DSC00096.JPG

美幌峠の後は淡々と根室に向けて走ります


途中、馬が放牧されているところを眺めたりして
ノンビリ進みます

DSC00097.JPG

こんな間近で見れるとは
DSC00098.JPG

根室に近づくと段々と天候が怪しくなり
とうとうまた雨が降ってきた

DSC00099.JPG

それもかなりの土砂降りで
根室に到着した早々、適当な民宿にチェックイン

宿の部屋には7月なのにストーブが置いてあり
九州人の私達にはカルチャーショックでした

夏でも冷える日があるんでしょうね


本日はよく走りました
また明日も距離を走る予定なので
これにておやすみー


つづく



<よろしければポチッとな!お願いします
にほんブログ村 バイク¥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
この記事へのコメント
富良野や美瑛、確かに木があるだけ?と思うことはありますが、なかなか雰囲気があるじゃぁあ〜りませんかぁ…、的に受け止めて楽しんじゃう気持ちが必要ですね(笑)。
お二人で特に大きな波乱もなく新婚の旅をしていることに感動(波乱が少なくて少々がっかり(笑))。
Posted by WRT at 2014年09月02日 11:45
>WRTさん
北海道では何気ない田舎道や建物に感動することが多く
意外と観光スポットとして期待して行くと
あれっと言う場合が多かったです

まあ波乱が少ないのについてはタンデムなので
無理せずに動いていたからでしょう
波乱があって夫婦喧嘩なんて恐ろしやw
Posted by Miya at 2014年09月03日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103060242

この記事へのトラックバック