2014年09月07日

北海道ツーリング(新婚旅行編)その8


このツーリングは今から13年前2001年のもので
計画を立てるのが苦手なノープラン夫婦(主に夫)が
新婚旅行で北海道ツーリングを行った記録です


−−− 小樽といったら・・・ −−−

2001年7月8日

北海道ツーリング8日目ですが
またまた雨が降っております

4日目から連日の雨続き


 (;´Д`) もーいやだーっ! 


ホテルの窓から見える神社
DSC00176.JPG

日頃の行いが悪いのでしょうか?

とまあ天気と同じく気分も湿っぽくなりそうですが
気分を切り替えて本日の予定です

まず最初の目的地は
ここ旭川にある三浦綾子記念文学館
嫁さんの一番の希望なので
時間については気にしない予定
その後、小樽に向かいそこで観光と宿泊
距離的には大したことありませんね

20140907_1.gif


それでは8日目しゅっぱーつ!!


と言っても目的地はすぐ近く
あっという間に到着しました

三浦綾子記念文学館
DSC00178.JPG

三浦綾子記念文学館
北海道旭川市神楽7条8丁目にある作家・三浦綾子の
偉業の数々を展示している北海道の登録博物館。



静かな見本林の中にひっそりと佇む文学館

DSC00180.JPG

ちなみにこの場所は三浦綾子の代表作氷点の
舞台だったりします


手前にあるのは文学碑

DSC00179.JPG

氷 点                     
風は全くない。東の空に入道雲が、高く輝いて
つくりつけたように動かない。
ストローブ松の林の影がくっきりと地に濃く短かった。
その影が生あるもののように、くろぐろと
不気味に息づいて見える。



文学館の中には三浦綾子の年譜や著書などが展示してあり
2階では実際に著書を読んだり映画やドラマの「氷点」を
観ることができます。

三浦綾子ファンの方にはたまらないでしょうね

嫁さんはずっと以前からここに来たかったらしく
喜んでいたので良かった良かった


さて、文学館を見た後は小樽に向かいます

小樽へ向かうまでは途中札幌を通るのですが
昨年通った時と同じく渋滞多し、道悪しで
早々に通り抜けます

札幌を抜けしばらく走ると小樽に到着

tenguyama.jpg

さすが小樽、観光でも有名な所なので
人が多いこと多いこと

とりあえず、早速宿探しとビジネスホテルに入るも

満員で空き部屋無し・・・

別のビジネスホテルに行くも

これまた空き部屋無し・・・

ちょっと不味いんでないかいと
ちょっとあせりつつも、3件目

宿泊OK!!

さすがにちょっと焦りました
いくらノープランとは言え
小樽のような人の多い所に泊まるのであれば
ある程度の予約は必要ですね


さて、本日の宿も決まったので
後は観光のみ、徒歩で観光スポットを周ります


まず向かったのは有名観光スポットの小樽運河

*写真は拾い物
unga.jpg

石造りの倉庫が立ち並ぶ小樽運河
レトロな雰囲気が良いですね


続いて、小樽オルゴール堂

*写真は拾い物
OTARU-~2.JPG

これまた有名な観光スポット
沢山のオルゴールが並んでおり
辺りから聞こえてくるオルゴールの
音色に癒されます


そして、そして次は私が一番行きたかった所


お・す・し・屋


私の中では小樽と言ったらお寿司なので
是非食べて帰らねばと思っていました

だが、いっぱい立ち並ぶお寿司屋
何処に入ったら良いか分かりません

そこでちょっとだけ店名を聞いたことがある
しかま寿司に入ってみることに

*写真は拾い物
img65.jpg

回らないお寿司なんて
もう何年ぶりか分かりませんが

折角、小樽まで来たので上握りを注文

*写真はイメージ
25576062.jpg

結構良い値段がしましたがやはり美味しかった


その後、地元の人と話す機会があって
小樽でおススメの寿司屋って何処ですか?
と聞いてみたら・・・


回るお寿司をおススメされたw


小樽のお寿司は回るお寿司でも美味しいんだって
確かに小樽の魚を使っているからそりゃそうだ


もっと早くに聞いておけば良かった・・・


その後、もう一度小樽運河に戻りブラブラと散策

DSC00182.JPG

辺りも暗くなってきたので
宿に戻り、本日のツーリング終了

いよいよ旅行も後2日となりました
バイクに乗るのは明日が最終なので
明日こそ晴れてくれるのを祈るのみ


つづく



<よろしければポチッとな!お願いします
にほんブログ村 バイク¥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103338002

この記事へのトラックバック