2015年05月10日

オリジナルのアクセル開度マップを作成してみる その1


昨日の記事ででお伝えした
アクセル開度のマップですが

こいつならどうにか手が出せそうなので
初期マップを分析しつつ、新しいマップを
作ってみたいと思います

さて、それでは初期マップを見てみましょう
幸い、TuneECUにはエクスポートの機能があったので
抜き出してエクセル表にしてみました

んでは、まずソフト設定のマップから

Soft
20150509_01.gif

列の項目がそれぞれアクセル開度となっているのですが
投入されている数値は、実際の開度より
かなり低く設定されています

ほー、これがモッサリの原因か!

なるほど、数値で見たら分かりやすいのー
初めてこの設定で乗った時、ダイレクト感が乏しく
パワーを感じられない設定だったので
あまり使う事はなかったのですが
こんな風になっていたとは、納得です


それでは次にスタンダードのマップを見てみましょう

Standard
20150509_02.gif

先程のソフト設定のマップと比べると
大分ましな数値となっておりますが
全体的にぼやかしたような感じです

基本的にこの設定をメインで使っていた訳ですが
改善の余地アリでしたねー


そして最後にパフォーマンス設定のマップ

Performance
20150509_03.gif

こちらのマップの設定は簡単
アクセル開度に対してダイレクトな反応
つまり開度に対して1対1で対応しています

ダイレクトな反応と言うと聞こえは良いですが
実際、街中で乗ってタラタラとしたペースで
走ってみると、ギクシャクして非常に走り難い
レスポンスが良いだけじゃ駄目なんだよね
難しいものです


これにて3つの設定の紹介を行いましたが
数値だけだと分かり難いのでグラフにしてみました

20150509_04.gif


上から、パフォーマンス、スタンダード、ソフト
の順番となっております

このグラフを見ると一目瞭然ですが
どの設定も最終的に100%の開度に到達するものの
途中の状態にはかなりの違いがあります


つーことで、オリジナルのマップには
ある程度、各設定の長所を生かした
設定を取り入れようと思っています

実際の作成については次回の記事にて

つづく・・・



<よろしければポチポチ願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | KTM 690SMC-R/ECU関連
この記事へのコメント
ほほぅ〜これならなんとなくわかりますね。

ただ自分には出来ませんね(笑)
こういうのが得意な方尊敬します(^^)
Posted by とろとろ at 2015年05月11日 09:05
>とろとろさん
 私も全然詳しく無いのですが
 色々教えてもらった結果
 これだけは分かりそうだったんですw
 でも乗り味は大分変わりますし
 楽しいですよー
 
Posted by Miya at 2015年05月12日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/128950142

この記事へのトラックバック