2015年05月11日

オリジナルのアクセル開度マップを作成してみる その2


昨日は、既存のアクセル開度マップを分析したので
本日は新たなマップを作成していきますが
まずは既存マップのおさらいをします

Softマップ
・長所
 街中で扱い易いレスポンス
・短所
 全体的にもっさり、刺激が足りない

Standardマップ
・長所
 低回転から高回転まで使いやすい
・短所
 いまいちこれと言った特徴が無い所

Performance
・長所
 痛快なレスポンス、峠で走ると楽しい
・短所
 レスポンスが過敏過ぎ
 ストップ&ゴーを繰り返す街中は疲れる

という事で、新たなマップのコンセプトは

・街中を楽に流すことが出来る使いやすさ
・スポーツ走行をする際のダイレクトなレスポンス

正に良いトコ取りですが
多分、作成する際のイメージとしては
低開度域はアクセル開度を押さえつつ
中開度域になるにしたがって上げれば良いのでは?


むーーーーーーー・・・


しばらくエクセル表を眺めながら
試行錯誤の結果、こんなマップを作ってみました

20150510_01.gif

Original_Perというのが
新たに作成したPerformanceマップで赤のグラフ
Original_Stdが新Standardマップで水色のグラフ

私のバイクにはマップ切替スイッチがあるので
2種類のマップを作成してみました

・新Performanceマップ
 低開度域はStandardとPerformanceの中間のイメージ
 この位だったら街中でもギクシャクしないのでは?
 そして中開度域からは、よりダイレクトなレスポンスを
 求めて、擬似ハイスロ化してみました。
 中開度域からは110%の開度で設定しています。
 用途のイメージは中高速コーナーが多い道用

・新Standardマップ
 低開度域は新Performanceマップと同じく
 StandardとPerformanceの中間のイメージ
 中開度域からはレスポンスを上げるために
 100%の開度で設定しています。
 用途のイメージは低中速コーナーが多い道用

どうせならと新Performanceマップは
ちょっと過敏な方に振ってみました

さあ、実際の試走の結果は・・・

次回につづく



<よろしければポチポチ願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | KTM 690SMC-R/ECU関連
この記事へのコメント
おお、凄い!
いよいよMiya チューン、始まりましたね!変化が楽しみですね〜、、いや、もう楽しんでるようですね♪
Posted by すだやん at 2015年05月12日 10:12
既に入れて走ってるのね!
今夜の結果UPを楽しみにしてます。
Posted by nabe at 2015年05月12日 12:32
>すだやんさん
 一気に書いちゃうとネタが無いもんでw
 いやーアクセル開度マップは
 そこまで神経質にいじらなくても良さそうなので
 勉強がてらやってみるのに向いているかもしれません
 書き換えた直後に性格が変わるから楽しいです

>nabeさん
 UPが遅くなっちゃいました
 今回マップを作ってみましたが楽しいですね
 これからもっと煮詰めて行きますので
 また色々と教えて下さい
Posted by Miya at 2015年05月13日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129319874

この記事へのトラックバック