2015年08月18日

KTM 690 SMCR を振り返る その1


SMCRに乗り出してからそろそろ2年

今までカスタムを色々と行ってきましたが
乗り出した当初は 何コレ? と言いたいほど
乗り難かった事を覚えています

んで、まあ今までを振り返ってみて
不満点やその対処等を、何回かの記事に分けて
書いてみたいと思います

それでは、今回の記事として
乗り出してから誰でも感じるであろう不満点

・3000回転以下のトルク不足

この事について書いていこうと思います


■3000回転以下のトルク不足について

□問題点
私のバイクの最初の仕様は
アクラポスリップオンに純正マップでしたが
これがもう扱いづらいの域を超えて

交通量の多い街中ではまともに走れないレベル

3000回転以下のトルクの無さに
安定して走れる回転数を維持したいが
交通量がそれを許さない

結果的に永遠とクラッチを握りっぱなし
あまりの辛さに、慣らしの時は地獄でした

イメージ的には80年代後半から90年代当初の
2STレプリカをイメージして頂ければ
大体のイメージが掴めるかと・・・
あれも低速スッカスカだったなー

で、結局どうにかならないかと
対処を行っていくのですが

根本的な解決に至るまでに
段階的な対応を行っており
本日紹介するのは、一番お手軽で
基本的な対応になるかと思います

□対応
・ECUのマップをEVO1マップに変更
・フロントスプロケの1丁落とし

マップの変更による燃料供給量の増大と
フロントスプロケの変更16丁⇒15丁により
走り難さが劇的に改善されます

根本的な対処には至りませんが
手間や価格的にもお手軽な対策なので
ご参考になれば幸いです


過去記事:KTMカスタム フロントスプロケット
http://miyagarage.sblo.jp/article/85493413.html



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | KTM 690SMC-R/SMC-R関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161792171

この記事へのトラックバック