2015年10月26日

KTM 690 SMCRじゃじゃ馬化計画


昨日の記事内でさらっと書きましたが

新たなアクセル開度マップを作成して
バイクのセッティングを変更したので

アクセル開度マップ関連の話題について
私の備忘録も兼ねて記事にしたいと思います

DSC_0396.JPG


で、どんなマップを作ったかについては
後から書くとして、まずは純正マップのおさらい

えーっと

まず、SMCRのアクセル開度マップですが
3種類のマップが純正で用意されております


・Performance(パフォーマンス)
 ダイレクトな操作感が楽しめるモード

・Standard(スタンダード)
 基本となるバランスのとれたモード

・Soft(ソフト)
 雨の日でも安心、レスポンスが穏やかなモード


上記3種類のマップを、シート下のダイヤルで
切り替えが出来るようになっております

20151026_04.jpg


私も当初はこのマップを利用していたのですが
色々不満点も出てくる訳で・・・

悪く言えばこんな感じ


・Performance(パフォーマンス)
 ギクシャクして乗りにくい

・Standard(スタンダード)
 特に不満は無いが・・・普通

・Soft(ソフト)
 もっさりモード、いらない子


私の感覚としてはこんな風に感じておりました


まあ言葉だけではあまりにも抽象的なので
データを数値化してみます

・純正アクセル開度マップ
20151026_01.gif

*画像が小さいのでクリックすれば拡大します

このグラフで何が分かるかと言うと
アクセル開度に対してバイク側が
どう認識しているかと言う事
(間違っていたらゴメン)

例えばアクセル開度35.1%の時に
どう認識しているかと言うと

Performance:35.1%
Standard  :29.6%
Soft    :20.1%

と言う事で、ピークパワーは全て同じ
レスポンスだけが変化しております

で、不満点につながる訳ですが
Performanceは開度に対して1対1と
ダイレクトな分、操作に関して過敏過ぎ
ある程度、速度が出ていれば気にならないものの
低速域だと扱い難いです

Softは開度に対して、認識している分が低く
自分の感覚とずれが生じて
もっさり感を感じてしまう

このそれぞれのマップの不満点を解消するため
以前紹介したオリジナルのマップを作った訳ですが

今までのマップに慣れてきたせいか
段々物足りなくなってきた

そこで!

もっと過激なマップを作ってみた

と言っても、まともに乗れなくなっては
元も子も無いので、開け始めは大人しく
中間以降のレスポンスを上げています

まずはオリジナルのStandardマップ

20151026_02.gif


水色のグラフが新たに作ったマップですが
36.1%以降はPerformanceを超える開度にしております


そして問題のオリジナルのPerformanceマップ

20151026_03.gif


赤色のグラフが新たに作ったマップですが
最大の所で実開度から135%の開度になっており


開度約70%でフルスロットル!!


やり過ぎだっ!


これで走ってみたら・・・

いつもの巡航の感覚で3桁突入寸前

この加速感は楽しいものの


免許無くなりそうで怖い・・・



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:27 | Comment(12) | TrackBack(0) | KTM 690SMC-R/ECU関連
この記事へのコメント
自分のもやりかたおしえてください!!
Posted by いち at 2015年10月27日 23:54
>いちさん
 TUNEECUというフリーソフトを使えばできますよー
 燃調については難易度が高いですが
 アクセル開度マップについては意外と簡単です

 ちなみにいちさんのバイクは何年モデルでしょうか
 対応していないモデルもあるので注意ですよー
Posted by Miya at 2015年10月28日 00:55
こんにちは。TuneECU関連で検索掛けたらこちらにたどり着きました。
一つ質問なのですが、MAPの書き換えはどのような方法になるのでしょうか。
ダイヤルの各数字に保存されてダイヤルを回すことによって切り替わるような感じですか?
よろしくお願いします。
Posted by 中烏 at 2016年03月19日 00:58
>中島さん
 TuneECUのマップについては
 ソフト、アドバンス、スタンダードの
 3パターンが変更できるようになっており
 それぞれに対応するダイヤルでマップが切り替わる様になっています
 ちなみにどのダイヤルにどのマップが対応するかは
 下記の記事を参考にして下さい

 http://miyagarage.sblo.jp/article/123027799.html

 なおダイヤル0はスタンダード扱いのような気がします
 
 
Posted by Miya at 2016年03月19日 01:52
回答ありがとうございます。
4〜9に一個ずつMapが追加出来るわけではないようですね。
私のモデルは2011年ですがAndroid版で対応になっているようなので弄っていこうと思います。
Posted by 中烏 at 2016年03月19日 07:39
>中烏さん
 すいません前のコメントでお名前を間違えておりました
 ちなみにTuneECU多分winsdows版でも使えるかと思いますよ
 でも、Android版も気になるのでよろしければ今度
 使用感等の感想をお聞かせ下さい
Posted by Miya at 2016年03月20日 01:51
こんばんは。本日ケーブルが届いたのでさっそくAndroidタブで書き換えしてみました。
ドライバ等のトラブルもなくすんなり行けて拍子抜けでした。
無線で飛ばすより有線でのほうがデータロガー機能は正確のようです。
ノートPCを持ち歩かなくていいのは手軽でいいかもしれません。
Posted by 中烏 at 2016年04月01日 20:33
>中烏さん
 感想ありがとう御座います!
 無事にいけちゃいましたかー
 私も気になっていたので購入してみようかな 
Posted by Miya at 2016年04月02日 02:34
こんにちは。数日使ってみてですが、やはりMap作成はWIN版のほうがやり易いですね。
Android版はマウスをつなげばそれなりに作業できますが、タッチパネルで数値を変えるのは中々つらいものがあります。
ただ、普段使ってるスマホに作成したデータを入れておけば余計な荷物を減らせるのでその点では良いと思います。マウントしておけばリアルタイムでアクセル開度の数値化み見れて自分がどれだけ開けれているのか目で確認出来るのも魅力かとおもいます 。

現在は、パワーフィルター+YオクマフラーにアクラポMap+5%に開度150%設定で楽しく遊んでます。
当初からワイド過ぎると感じていたのでこれで大分乗りやすくなりました。
Posted by 中烏 at 2016年04月03日 19:09
>中烏さん
 ほほーやはりAndroid版も楽しそうですね
 これでログまで取れたらかなり色々な使い方ができそうです
 ってどんどんハイテクになっていくw
 それにしても開度150%ってかなり過激ですねw
 私は135%でちょいと持て余し気味です
 でもフロントのスプロケ1丁落しとハイスロマップで
 別物のバイクに生まれ変わりますね
 免許はかなり危険になりましたが・・・w 
 
Posted by Miya at 2016年04月04日 01:10
アクセル開度ログを見ると巡航が6%加速時で20%前後くらいまでしか開けれていなかったので思い切ってハイスロ設定にして正解でした。
コーナーへの侵入速度も大分上がって思った通りのラインが組めるようになりました。

4000rpm以下は補正せず、4500rpm〜を130%、6000rpm〜を150%と段階的にしてあるので(加速ポンプのような)開けなければおとなし目性格のままです。
Posted by 中烏 at 2016年04月04日 02:17
>中烏さん
 セッティング情報ありがとう御座います
 2stチックな乗り味になりそうですね
 それにしてもスロットルの設定は比較的簡単なのに
 効果がすぐに体感できるから良いですよねー
Posted by Miya at 2016年04月05日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166542542

この記事へのトラックバック