2016年03月01日

限られた予算の中でのガレージ選び難航中


ガレージについて日々ネットにて探しておりますが
だいたいどんなガレージが良いか商品が絞れてきました

てな事で本日の記事は私の備忘録を兼ねて
ガレージのラインナップを紹介します

まずは定番中の定番倉庫メーカー

株式会社 稲葉製作所 バイク保管庫
https://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/D_FXN-BIKE/index.html

FXN-2234HY \389,000
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/webdb/detail.php?pnum=FXN-2234HY
L_FXN-2234HY.jpg

間口:2,210 mm、奥行:3,470 mm、高さ:2,375 mm

以前にちょっと紹介したガレージですが
床付きの物で言うとこれが最大です
欲を言うともうワンサイズ大きいのが欲しい


続いてイナバと同じく倉庫メーカーの

株式会社田窪工業所 バイクシャッターマン
http://www.e-ty.co.jp/seihin/exterior/BS/#tokucho

BS-Z2929 \440,000
http://www.e-ty.co.jp/seihin/exterior/search/BS-2929.html
BS-2929.jpg

間口:2,900 mm、奥行:2,990 mm、高さ:2,570 mm

先ほどのガレージとは違い幅が広いタイプ
使い勝手は良さそうですが駐車場に置き難いのが難点


次はバイクのパーツでもお馴染みな

株式会社デイトナ BASIC
http://daytona-mc.jp/sp/garage/product/index.html

DBG-2630H \410,000
http://daytona-mc.jp/sp/garage/product/basic/size.html
pict_feature01.jpg

間口:2,630 mm、奥行:3,050 mm、高さ:2,370 mm

倉庫メーカーとの違いは、塗装がされていること位?

値段が手頃ながらも、外装が塗装されており
単純な倉庫よりは断然見栄えが良いと思う


以上、3点のガレージを紹介しましたが
まだ他にも、オーダーガレージや
半オーダーが可能なガレージあるので
そちらもまた別途紹介したいと思います



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガレージ関連
この記事へのコメント
うちはタクボです。床はコンクリート打ちで、その分パーツ代は安いはずですが、コンクリートを打つ分のコストがかかります。
段差はない方が出し入れは圧倒的に楽ですから、コンクリート床にしました。
参考になればと思います。スティール車庫はどれもほぼ同じで性能等に優劣は実際上ありません。
Posted by WRT at 2016年03月02日 19:35
>WRTさん
 確かに土間タイプは出し入れが楽でしょうね
 強度的にもそちらの方が良いのですが
 コンクリを打つのがちょっと・・・
 床つきで頑張って探してみます
 
Posted by Miya at 2016年03月03日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174284733

この記事へのトラックバック