2016年12月24日

ダカール2017のKTMファクトリーマシン カッコいいっ!


2017年1月2日よりスタートする『ダカール2017』
それを戦うKTMのファクトリーマシン
「450RALLY」がKTMのFACEBOOKに公開されていました

450RALLY
15675781_1334616163268316_2445052561922618728_o.jpg

15675919_1334616216601644_4028608489759495109_o.jpg


いやーちょいと前にレプリカモデルの実車を見ましたが
ファクトリーマシンともなると凄いですね
レッドブルのグラフィックがたまらなくカッコいいです

過去記事:凄い車両がKTM福岡に展示されていました
http://miyagarage.sblo.jp/article/176791366.html

miyagarage-2016-09-08T00_49_14-4.JPG


カーボンやらチタンやら高級素材を使った
パーツを装着していてさすがワークス
一体どの様な乗り味なんでしょうね

くー、一回乗ってみたいものです

15585346_1334616523268280_4808802175021092560_o.jpg

15676031_1334616503268282_2700523900346952211_o.jpg

15724925_1334616166601649_390329725908843998_o.jpg


それにしても、このバイクも凄いパワーながら
かなりの耐久性を持っているのでしょうね

KTMのバイクでいつも不思議なのが
レーサーでありながらもエンジンの
耐久性が高いところ

普通レーサーって言ったら走行時間単位での
オイル交換やオーバーホールが必要ですが

この前試乗した、KTM 250 EXC-Fなんか
あのパワーでレース使用じゃなければ
10000km位エンジンを開けなくてもOkだとか

うーむ、一体どの様な作りなんだろう?

不思議だねー



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | KTM関連
この記事へのコメント
市販車の耐久性がどうなのか、興味ありますね。私もSDRは2万超えると何が起こるか未知数なので、怖くなって下取りに出しました。ものすごい距離乗っている人はほとんど聞いたことがないので、そういう情報があると嬉しいですね。
あの軽さから見て、重要パーツであっても耐久性には限界があると言うのが私の受けた感じなんですが。グッツィのエンジンなどは重いだけあって非常に長持ちすると定評がありますので、そのあたりどうなんでしょうね。
耐久性がいいんじゃなくて、その間に不具合が出るから適宜修理して・・・、なんてオチだったらガッカリですねぇ。
Posted by WRT at 2016年12月25日 11:20
KTMの公道車って、もともとコンペマシンに保安部品とナンバー付けただけ仕様でしたから、こと耐久性ではいろいろあってましたからねぇ〜ε-(´∀`; )

私も990SMT購入時に散々自問自答して、それでも所有してみなきゃ分かんないじゃん!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

って乗り始めて、気が付けば28,000kmを後にしています…(´・ω・) 凸

その間些細なお漏らし程度で、未だ壊れる気配はありませんねぇ〜( ̄▽ ̄)v

なので、ヘビーなトラブルが出ない限り乗り換えの予定はありません…(o´・ω-)b

それに、次はコレに乗りたいってモデルが無いんですよねぇ〜d( ´ω` )y-~
Posted by T28 at 2016年12月25日 22:51
>WRTさん
 そうですねー
 KTMのバイクはアドベンチャーを除くと短距離向けなので
 凄い走行距離の方は少ないかもしれません
 まあユーザ数が少ないので私が知らないだけかも知れませんが・・・
 故障に関しては、以前ハーレーやビューエルで
 かなりの洗礼を受けたのでKTMは壊れないなーと言う印象です

>T28さん
 昔のKTMは色々ありましたねー
 装備は凄いしパワーも凄いが耐久性が・・・
 値段も高かったから手が出ませんでした
 私もSMCRを購入する時はちょっと心配でしたが
 予想に反してほとんどトラブル無しなので
 結構気軽に乗れて良いですね
 ちなみに私も他に乗りたいバイクがほとんど無く
 現在はKTMのバイクに惚れ込んでおります 
Posted by Miya at 2016年12月26日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178158810

この記事へのトラックバック