2017年05月23日

ニッキー・ヘイデン選手逝去 (ノ_-)クスン


本日、悲しいニュースが飛び込んできました

ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
http://www.honda.co.jp/SBK/news2017/2017-05/?from=copy
social.jpg

スーパーバイク世界選手権にRed Bull Honda World Superbike Team
から参戦中のニッキー・ヘイデン選手(アメリカ35歳)は、イタリアの
イモラサーキットで開催された第5戦後に同国リミニ近郊で自転車ト
レーニング中、自動車との接触事故に遭い、地元の病院に緊急搬送
されました。その後、リミニ近郊の病院からチェゼーナにあるマウ
リツィオ・ブファリニ病院の集中治療室に移され、医師団が懸命の
治療を続けましたが、現地時間5月22日19時9分に逝去されました。

米国・ケンタッキー州出身のニッキー・ヘイデン選手は、モーター
スポーツ一家に生まれたことで幼少期からレース活動に親しみ、
1999年に全米選手権であるAMAのスーパースポーツクラス(600cc)で
チャンピオンを獲得。2002年にはAMAスーパーバイククラスにおいて
史上最年少でチャンピオンを獲得しました。2003年に、Hondaのワー
クスチームであるRepsol Honda Teamから世界最高峰のMotoGPクラス
にデビュー。2006年シーズンには最終戦まで激しい争いの末、年間
チャンピオンを獲得しました。2016年からはスーパーバイク世界
選手権へ参戦し、年間総合5位を獲得。この年の鈴鹿8時間耐久レース
にもMuSASHi RT HARC-PRO.から参戦するなど、豊富なキャリアを活か
したベテランとして今後の活躍が期待されるライダーでした。
ヘイデン選手に対して心から感謝するとともに、謹んでお悔やみ
申し上げます。



17日水曜日、ヘイデンがサイクリング中に自動車事故に遭い
「重度の脳傷害」を伴う「極めて重大な状態」という
ニュースが出てショックだったのですが

本日のニュースを見てかなり悲しい・・・

ニッキー・ヘイデンはかなり好きなライダーで
2005年のMOTOGP、ラグナセカでのアメリカGPで
MotoGP初優勝を飾ったのを今でも覚えています

コークスクリューを下るヘイデンは速かったなー

今年はスーパーバイク世界選手権にRed Bull Hondaより
参戦していたので、応援していたところでした

一癖も二癖もあるライダーが多い中
ほとんど人を批判しないヘイデンの人柄が好きでした

20170523-ripnickyhayden.jpg


もう1度レースでの勇姿が見たかった

亡くなるなんて本当に残念です・・・

心よりご冥福をお祈りいたします。



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他バイク関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179832467

この記事へのトラックバック