2017年08月21日

バックプレッシャーバルブを装着しました!


昨日の記事にて、もう一つカスタムを行いましたと
書きましたが、装着したのはコチラでございます。

KTM純正 バックプレッシャーバルブ
IMG_20170819_160900_resized_20170821_121205064.jpg


これって、別名「内圧コントロールバルブ」とも言うのですが

ピストンが上下する際、クランクケース内にある空気が抵抗となり
負荷となるものを、一方通行のワンウェイバルブにより
クランクケース内を減圧して抵抗を減らそうというもの。

その効果としてはレスポンスの向上や
エンブレ低減等の効果がある事を聞いていましたが
排気量が大きい方が効果があると言う事もあり
いまいち導入に踏み切る事が出来ませんでした

でも、赤いiRさんやKTM福岡のメカKさんに聞くと
125DUKEや390DUKEでも効果があるみたいなので
試しに装着してみる事にしました。

まあ、約4000円位だし、仮に失敗しても
それ程懐が痛まないってのもありますけどね

んで、早速装着してもらう
パイプを切って付けるだけなので
あっと言う間に装着完了

IMG_20170819_171205_resized_20170821_121204881.jpg


そして、早速走ってみると
確かに効果が体感できますねー

一応私が体感できた効果と言いますと


・低回転でのギクシャク感が減った
 走行中、低回転域まで回転数を落すと
 ガガッとギクシャクしていたのが
 もう少し低回転まで粘るようになった。
 
・レスポンスが良くなった
 これについては、ちょっと微妙な感もありますが
 振動が減ってスムーズになった気がします。

・エンジンブレーキがかなり低減した
 これについてはかなり体感できました!
 もともと他の効果より、エンブレ低減を期待していたので
 私としては期待通り、ノーマルのグワッと来るエンブレは
 だらーっと走るときに疲れるんですよねー
 ちなみにどの位低減できたかと言うと、2スト250ccの
 バイクと比べて、ちょっと強いかなと思うくらい。
 ギアを落しても、スーッという感じで進んでいきます


とまあ、効果の程については人それぞれな所もありますが
私としては、4000円の安いパーツでココまで変わるのなら
十分にアリではないかと思っております。



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 21:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | KTM 250DUKE/DUKE関連
この記事へのコメント
社外品だと数万円するみたいなんで、4000円でそこまで変わるなら、相当お得ですね。

結束バンドでとめてあるみたいですが、バルブ自体は洗浄等のメンテはしなくても良いんですかね…?
Posted by とおりすがり at 2017年08月22日 20:19
>とおりすがりさん
 この金額でこの効果はかなりコスパが良いと思います
 ちなみに、バルブの洗浄はたまーにやって下さいと言われました
 バンドについては、純正は鉄のバンドですが
 これだと、切るのが大変なので、タイラップで
 固定してくれています
Posted by Miya at 2017年08月23日 01:04
その『たまーに』って言うのが引っ掛かってるんですよねー。

オイル交換と同程度なら、何とかなりそうな気もしますが、詰まった場合の事考えると、こまめに清掃したい気もするし…

いまいち、導入に踏み切れない(^-^;
Posted by とおりすがり at 2017年08月23日 06:37
バックプレッシャーバルブ…[電柱]д ̄) チラッ

ピストン径の大きなシングルやツインエンジン車では定番アイテムですねぇ〜( ̄▽ ̄)o[]

私の990(LC8)にはエアクリ近傍に標準で装備されてたりしますけど、それを知ってか知らずか、尚且つ追加されてるオーナーさんもいらっしゃる様です…d(・д・`)

装備されてても3500rpmを下回るとギッコンバッタンしますけど、それは一種の「味」だと思ってますし、それを下回らない様に走らせればいいだけの事ですから、以前所有してたVTR1000Fにも装着していませんでした…( ̄▽ ̄)b

因みに嫁の250DUKEにも装着してませんが、文中にある様にエンジンブレーキの強さを美点と捉えてるんで…( ̄▽ ̄)b

減速→シフトダウンはエンジン回転を合わせて行いますし、スリッパークラッチも装備されてますからねぇ〜♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

とは言え、少しでもその症状を改善するならば、お手軽なアイテムでもありますから、それはオーナーさんのお好みで…( *`艸´)

上の方も書かれてますが、プレッシャーバルブは定期的なメンテナンスが必要です…d(・д・`)

オイルを含んだブローバイガスがクランクケースからの背圧でボールが上下してますから、どーしてもバルブ部に溜まったオイルが接続先のエアークリーナーからの湿気で乳化してしまいます…d( ̄  ̄)

普段から高回転域を常用してるならそれも軽減できそうですが、あくまで公道使用車ですから…d( ̄▼ ̄;)

メンテ頻度はお乗りのモデルによってブローバイの吐出量は異なりますから、装着から半年くらい経った頃に一度取り外して中の状態を見て、更に手で降ってカチャカチャ音がするかで判断すると良いと思いますよ〜(  ̄▽ ̄)o[])) 凸

その時の状態を確認して定期化すれば宜しいかと…d( ̄∀ ̄)

但しホースを外してバルブの下流側(エアクリーナー側)からオイルが多く出る様なら、使用を控えた方が良いですね…d(・д・`)

ご存知の様にバックプレッシャーバルブはワンウェイなので、通常ならエンジンが停止した後クランクケースに戻るオイルがプレッシャーバルブでせき止められた状態ですから、ワンウェイバルブの作動不良やオイル減少に繋がりますので…( ´Д`)y━・~~

以上、長文失礼しました…_φ( ̄ー ̄ )
Posted by T28 at 2017年08月23日 08:40
>とおりすがりさん
 まあ、たまーにと言いつつも2000km位は大丈夫じゃないですかねー
 乳化しやすいのは主に冬でしょうし、様子を見ながらでも
 良いかもしれませんね

>T28さん
 おうっ、さすがT28さん、詳しい解説ありがとうございます
 私もメンテの頻度については気になっていたのですが
 金額的にも大した事無いので、試しにやってみる事にしました
 どうにもこうにも駄目な場合はすぐに戻せますしね
 しばらく様子を見まーす
Posted by Miya at 2017年08月24日 01:05
追記です…( ̄∀ ̄)

エンジン始動時やパーシャルからアクセルを開けた時にカタカタカタって音がすると思いますんで、それが作動してるか否かの目安になると思います…ヾ(๑╹◡╹)ノ"

私の990はシート下付近にあるんで、よく聞こえますよ〜( •̀∀•́ )✧
Posted by T28 at 2017年08月24日 10:29
私もBPV使い始めて1年半経ちますがメンテは5,000km毎にやってる感じです。

BPV緩める時は締め付けが非常に固いので舐めない様に気をつけて下さいね。

初めて緩める時は私は片側をバイスに固定して反対側をバイス付きモンキーレンチでがっちり挟んで回して緩めました。
Posted by 赤いiR at 2017年08月24日 18:28
>T28さん
 ボールが入っていますからねー
 でも音が鳴っているとは気が付きませんでした
 今度注意して聞いてみますねー

>赤いiRさん
 5000km毎ですかー、予想より長いメンテサイクルですね
 私だったら、1年に1回で良いかもw
 
Posted by Miya at 2017年08月25日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180729840

この記事へのトラックバック