2017年11月26日

凄まじいコスパの博多ラーメン「六分儀ラーメン」に行ってみた


本日の記事は正にダレ得なグルメネタ
見たいと思っている人いないよね・・・

でもこんなのでもアップしていかないと
毎日更新のネタが続かないのです

もうブログ記事が私の日記帳化しています

あっ、チラシの裏に書けなんて言わないで・・・

さて、気を取り直して、今回行ったお店ですが
福大のすぐ近くにある、ラーメン屋

六分儀ラーメン
住所:福岡市城南区西片江1丁目
営業時間:11:00〜24:00
IMG_20171119_132859_resized_20171126_094847763.jpg


この前の道をよく通るので、いつも看板を見るのですが
このラーメンの価格が非常に気になっておりました

IMG_20171119_132847_resized_20171126_094847456.jpg


比較的安いラーメンである博多ラーメンでも
大抵600円程度はする昨今、半額以下とは凄い

ただ、あまりに安いので微妙な不安もあり

量がやたら少ないんじゃ?とか、具なしじゃ?とか
まさかインスタントラーメンだったりして?

なんて余計な不安から、今まで足が向かなかった次第です

でも、たまーにどうしても食べたくなる博多ラーメン
インスタントじゃ気が紛れないので
どのお店に行くかと、悩んだ時に思い出したのが
今回のこのお店です。

そして、店内に入ると、満席で混雑しており
しばらく待たされる事に、なかなか人気のお店なのね

その間に、注文するメニューを選びます
それにしてもどれもこれも安いね

IMG_20171119_132941_resized_20171126_094848038.jpg


ラーメンと焼豚丼のセットで500円って凄い
ちなみに私は大盛りラーメンの焼豚丼セット
これでも600円と普通のラーメン屋の単品料金

それから、席に座りしばらく待つと
私が注文したラーメンが運ばれてきました

IMG_20171119_135148_resized_20171126_094848175.jpg


具はシンプルですが、博多ラーメンらしい構成
スープは白濁系で、どちらかと言ったら
アッサリ目なトンコツスープでしょうか

膜が張るような、濃いトンコツスープだと
どうしてもあの獣臭の様な臭いが苦手ですが
このスープは臭みが無くて良いですね。

なお、麺はちょっと太めの麺で、茹で方を
「硬麺」で頼んだけどちょっと柔らかかったかな?
まあこれはこれで美味しいのですけどね

IMG_20171119_135238_resized_20171126_094847889.jpg


そして、セットの焼豚丼
こちらも結構なボリュームです

IMG_20171119_135207_resized_20171126_094847616.jpg


これまた見た目シンプルですが
かかっているタレがご飯に良くあって
凄く美味しかった

ちなみに、もちろん博多ラーメン定番の
替玉もありまして、100円の食券を買い注文
今度は茹で方を「バリ硬」にしてみたら
まさに私好みの硬さに、うん美味しい

それにしても、コレだけのボリュームがあって
全部で700円とは凄いねー
あの有名なお店●蘭だとラーメン+替玉で
1000円オーバーだからね

値段が安くても、美味しい博多ラーメンを食べられるので
今度からラーメンを食べたい時はここに来ようっと


あと、以下は余談ですが
博多ラーメンを注文する際には、麺の硬さを注文する
事ができまして、通常はやわめだとか硬めとかですが
もっと細かく注文する事も出来ちゃいます・・・

やわらかい方から並べていきますと

やわめん
 ↓
普通めん
 ↓
かためん
 ↓
バリかた
 ↓
針金
 ↓
粉落し


もう粉落しまでいきますと、湯で時間5秒程度
もうほとんど生状態・・・

ちなみに私は「針金」を食べた事がありますが

 (;゚д゚) 硬い・・・

ほとんど生麺でした

湯で時間10秒程度だから当たり前か・・・

もし、カタめんでも物足りないという強者のあなた
是非試してみてはいかがでしょうか?

素人にはお勧めできませんが・・・



<よろしければポチポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 ツーリング
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | KTM関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181684694

この記事へのトラックバック