2014年02月02日

シェラウドやり直し 自家塗装編

以前、シェラウドが猫に引っ掻かれ
見事な3本傷ができてしまった

これがどーしても気になるので
カーボンシートを使用し、偽カーボンパーツ化
したは良かったのですが
20140105-11.JPG

2m以内で見て欲しくない出来に我慢できなくなり
全部剥がしてやり直す事に

ただ、カーボンシートをうまく貼るには
まだまだ修行が足らないようなので
失敗したら買いなおす覚悟で
今度は塗装にチャレンジ

早速ホームセンターに向かい
ペイント用スプレーを買ってきました
買ったのは99工房のペイントスプレー
http://www.99kobo.jp/products/paint/index.html

ボデーペン クリアー
8002_l.jpg

メタリック、パール・マイカ塗装の上塗り塗料。
メタル、パール・マイカの保護と、深みのある光沢を出す効果があります。
内容量:300ml
メーカー希望小売価格:1200円

ボデーペン ボカシ剤
8004_l.jpg

旧塗膜との境目に使用して、色ズレ・光沢の差をぼかし
目立たなくします。ダストの平滑化に効果的。
内容量:300ml
メーカー希望小売価格:900円

まあ、ボカシ剤は無くても良かったかもしれませんが
ダストの防止に役立つので買いました

それでは今から作業をする訳ですが
まずは、一番大事な下地処理です

最初に今のカーボンシートをベリベリと剥いでいきます
意外と簡単に剥げます、貼る時は大変なのに・・・

次、コンパウンドで傷や荒れた所を均します
今回大きな傷は無かったので、液体コンパウンドで十分

そして、下地が滑らかになったら脱脂をします
コレをきちんとやらないと塗料をはじくので
念入りにやります

次にいよいよ塗装ですが
その前に缶スプレーの準備

バケツにお湯を入れてスプレーを温めます
温度はお風呂に入る時位ですかね
miyagarage-2014-02-02T19_35_44-1.jpg

これをやっておくと
缶から出る塗料の霧が細かくなり、吹き易くなります
特にこの季節は重要ですね

さて、缶スプレーも準備できたら
いよいよ塗装開始

まずボカシ剤を軽くスプレー
次にクリアーを吹いて行きます

厚めに塗るとクリアーが垂れてくるので
薄めに塗っていきます

一度塗っては10分程度乾かし、また塗ります

うおっ、ほこりがついた
写真 2.JPG

乾かしている時に良くほこりが付くのですが
ピンセット等で取って下さい
これを丁寧にやれば仕上がりが綺麗になるのですが

私のようにほこりに気付かず塗り固めた場合
後から削って下さい・・・私は諦めました

ほこりと格闘しながら塗ること数回
やっと艶が出てきました
写真 3.JPG

本来ならもっと塗ったりするのでしょうが
今回は時間が無かったので、これにて塗装終了
後は塗料が乾いてから、表面を綺麗にしていきます

と言う事で数日後に続きとなります



<よろしければポチッとな!お願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
posted by Miya at 22:15 | Comment(0) | KTM 690SMC-R/SMC-R関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: