2014年06月07日

SMCRを乗りやすくしよう ハンドルの切れ角編

この前の記事でハンドルの切れ角を
増やした事を書きましたが

写真が分かりにくかったことと
再度調整を行ったので本日の記事にします


まず、再度調整を行う前に
ハンドルの切れ角が少なくなっている原因
ラジエターガードを加工します
写真 1.JPG


ハンドルの切れ角を増やした際に
ラジエターガードと干渉する位置に
傷が付いています

バイク正面から右側
写真 2.JPG

バイク正面から左側
写真 3.JPG

干渉している場所を削ります

熱したドライバーでブスッとやりました

樹脂製だから簡単簡単

バイク正面から右側
写真 4.JPG

バイク正面から左側
写真 5.JPG

さあ、加工後ストッパーの位置を
再調整した結果どのようになったでしょうか?

まずはノーマルの位置
image1.jpg

分かりやすいように緑のラインを引きました

そして、調整後の結果
image2.jpg

がノーマルの位置
水色が調整後です

おおー、結構変わっていますね

さすがにこれ以上の調整はシェラウドに
干渉するので無理ですが
これだけ切れればどうにかなるかな?

まだ調整後にバイクに乗っていないので
乗った際は感想を書きたいと思います



<よろしければポチッとな!お願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 KTM
にほんブログ村 モタード
posted by Miya at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | KTM 690SMC-R/SMC-R関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99154365

この記事へのトラックバック